メンサとは

「メンサ」って何?

「メンサ」って何?

メンサとは

MENSA(メンサ)とは、1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループです。 メンサは、世界100ヶ国以上、10万人以上の会員を持つ国際的グループです。 メンサはメンバー同士の知的交流の場を提供します。その活動は、講義、ミーティング、会報、特定の趣味を持つグループ、 地域レベル・国レベル・世界レベルのイベントによる交流を含んでいます。 そして知能に関するプロジェクトでメンサの内部や外部の研究者への協力を行います。

メンサは

メンサは

メンサは、弁護士のローランド・ベリルと科学者で弁護士でもあるランス・ウェア博士によって1946年にイギリスで創設されました。 彼らは高いIQを持つことだけがメンバーとなる条件、という聡明な人々のための集まりを作るというアイデアを思いつきました。 当初の目的(現在の目的でもあるのですが)は、政治的に中立で、人種や宗教の違いから完全に自由であるような集まりを作ることにありました。 メンサは、人口比上位2パーセントのIQの持ち主であれば他の一切の条件に関わらず歓迎します。

メンサの目的

メンサは3つの目的があります
1.知性才能を、認知、育成し、人類の向上に役立てること。
2.知性の原理、性質、そしてその適用などを研究することを激励すること。
3.メンバーのための知的、かつ社会的活動を促進させること。

メンサの会員数

今日、会員数は全世界100カ国で約120,000人。南極をのぞく世界全大陸の約40カ国に支部を置いています。 日本には、現在約1,800名程の会員がいます。

どのような人達がメンサ会員?

メンサ会員

高IQという以外に、一口でメンサ会員、あるいはメンサの特徴を表現する方法はないでしょう。 あるメンサ会員にとっては、家庭的親近感を提供してくれる場であり、また他の会員にとっては単なるカジュアルな社会的交流の場であったりします。 メンサ会員同士が結婚したケースもありましたが、多くにとっては知性と心の刺激的な出会いの場ということでしょう。 メンサ会員の年齢は4歳から94歳に亘っています。学歴においては、小学校卒から高校中退、あるいは、複数の博士号所持者などいろいろです。 会員の経済的な地位、職業の範囲もさまざまで、教授もいればトラックの運転手もいる、科学者や消防士、コンピューターのプログラマー、 農家、芸術家、軍人、音楽家、労働者、警察官、ペンキ職人といかにも多様です。 有名なメンサ会員、さまざまな賞の受賞者もいれば、名の知れないごく普通の会員もいます。

「メンサ」の意味

「メンサ」とはラテン語で「テーブル」を意味し、円卓を囲むメンバーが皆平等に集まる様子を表わしています。 その人の人種、皮膚の色、宗教的信条、国籍、年齢、政治、学歴や社会的なバックグラウンドは無関係です。 すべての会員は平等な権利と義務を持っています。

メンサの見解

メンサはどのような政治的、または宗教的な見解も持たず、また表明もしません。 メンサ会員はきわめて多様性な視点をもった国籍や文化に及んでいるので、 特定の視点を持つことはすべてのメンサ会員へのフォーラム的機能に反することになるでしょう。

「メンサ」に入ると

「メンサ」に入ると

メンサに入ると得られるもの

メンサに入会する人には多くの知的な理由があります。会員が活発にメンサのミーティングに出席するか、 単に会員として知的な刺激を楽しむかどうかに関係なく、メンサ会員になる事によって得られるものは、多数あります。

メンサは知的刺激を提供します

メンサは知的刺激を提供します

頭のストレッチをしましょう。メンサは、あなたの知的な筋肉を柔軟にする為の、様々な方法を提供します。 ホームページやニュースレターで、各地で開催される例会や、日本全国から集まる会議や、世界の各国から集まる国際的な会議から知的資源を見つける事が出来ます。 あなたの興味はなんでしょうか、それがどんなに珍しい事柄でも、お互い同じ興味を持つ他のメンサ会員を見つけることが出来ます。 ほとんどの分野のSpecial Interest Group(SIG)があります。メンサは各分野毎に専門のSIGを提供します。 あなたは細菌学やシステム分析から始まり、シャーロックホームズや・スタートレックを見つける事もできます。 期待するものや予想外であるものが多数有ります。生化学・宇宙科学・経済学・ポーカー・ローラースケート・スキューバダイビング・UFO・魔法・パン作り・ ワイン醸造・漫画・銀細工・紋章学、意味論・エジプト学・養蜂・オートバイ・タップダンス・古典・野球・バスケットボール・フットボール・射撃・ ハンググライダー・スカイダイビング等々...もし、あなたがSIGを見つけることが出来なくても会員であれば簡単に始めることができます。

メンサは社会的相互関係を提供します

メンサはとても活発です。会員が毎週のように例会やオフ会を開催しています。 多くの場合、それは土曜日の夜に行われ、自由奔放な議論をしながら夕食や飲料を楽しんだり、 全ては、あなたの知的利益を共有する会員の為にあります。一部のグループは、時々食事会やツアー等様々な活動をします。 不定期にどこかでイベントを催しているグループもあります。 ワークショップやセミナーを行う年次総会もあります。そこでは、常に社会的で知的な興奮を得ることが出来ます。

メンサの会報

あなたは、多種多様な主題に関して会員が発行する会報を受けとります。 英語で発行される「インターナショナルジャーナル」は、世界中のメンサに関する情報を含む、面白くて考えさせるセクションを特徴とします。 JAPAN MENSAから毎月日本語で会員向けの会報を発行しています。今後はローカル活動やイベント情報があるローカル会報を発行するかもしれません。

会員以外にも出版物を提供します

会員以外にも出版物を提供します

英語で発行されているメンサ・リサーチ・ジャーナル(MRJ)は会員以外にも提供されます。 各々のテーマ発行物に示される学術的な研究記事は、全国的・国際的に、広い多数の研究ジャーナルから選ばれます。 メンサ教育&リサーチ財団の援助活動として、テーマ・トピック上のリーダを教育するよう努力します。 エディターは、様々な職業の中から選ばれます。知性に関する現在の研究記事は、明らかに知性に衝撃を与える無数のものから選ばれます。 選ばれた記事は、あなたにとって魅力的な話題となるでしょう。 米国で発表されているMRJは国際的にメンサインターナショナル社(MIL)からの補助金による大きな財産です。 MRJは1年に3回発表され、市場で最も低い定価付きの研究ジャーナルのうちの1冊です。 良いプログラム賞のエントリは、毎年1冊のジャーナルでハイライトされます。 いくつかの最近のテーマは「知能の上のおもり」、「知性:未完の大器?」、「記憶」、MRJは知性に関連した本の上で書評を受け入れて、 イベントカレンダーに教育的な出来事を掲示します。各々の発行物は、アートデザイナーによって作られテーマと関連する、ユニークなデザインを持ちます。 MRJを入手する為には、メンサの会員である必要がありません。 興味のある方は、Mensa Research Journalへ訪れてください。

メンサは他にどのような利点があるか

メンサはメンバーがお互いに旅行をするときに便利な、会員を援助するプログラムがあります。

メンサは他の会と連携するか

メンサメンバーは、他の会の中でボランティア活動を通して社会の改善に貢献する機会を見つけます。 多くの海外のメンサグループは、才能のある学生に奨学金を提供しています。

JAPAN MENSAの概要

JAPAN MENSAの概要

メンサは、高IQの持ち主が会員となれるソサエティグループでイギリスに本部があります。 会員は、100ヶ国以上に分布しており、JAPAN MENSAは日本支部として活動しています。このサイトはJAPAN MENSAが管理する公式サイトです。

JAPAN MENSAの活動

JAPAN MENSAの連絡先

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階 JAPAN MENSA事務局
質問等は、お問い合わせページからお願いします。