証明書による入会判定について

証明書による入会判定に関する重要なお知らせ(2021.10.17更新)

コロナウィルス対応等により受付を休止していましたが、部分的に再開いたします。

但し、再開直後は申請数が一時的に増加すると思われることから、
まずは下記いずれかに該当する方から先行して受付再開とさせていただきます。

① 受付休止中(2021年6月 ~ 2021年10月)に証明書の判定有効期限が切れてしまった方
② 証明書の判定有効期限が2021年末までに切れてしまう方

※受付休止中に期限が切れてしまった方は、2021年末までにお手続きいただければ有効として扱います。

上記に該当しない方は、申請数が落ち着いて来たら全面再開いたしますのでもう少々お待ちください。

JAPAN MENSAでは、申請日から1年以内に受けた WAIS-III・WISC-III・WAIS-IV・WISC-IV の
いずれかひとつの検査の結果証明書を用いた入会判定を実施しています。

判定は下記の手順で行います。必要な書類等は事前に全てご準備いただけますようお願いします。

1
診断結果の入手

JAPAN MENSAでは、WAIS・WISC の診断は実施しておりません。
各自適切な医療機関等を受診の上、専門家の指示に従って検査を行なってください。
※当会では医療機関等の紹介や斡旋は行なっておりません。

証明書とは このサンプルファイル のようなものですが、発行元によって書式は異なります。

当会の入会判定で使用できる証明書は、申請日から1年以内に受けた WAIS-III・WISC-III・WAIS-IV・WISC-IV のいずれかとなりますのでご注意ください。

【重要事項】
検査結果の証明書には、検査日、IQ確定数値(「FIQ」「VIQ」「PIQ」および群指数)、検査結果の所見、およびそれを証明する医師または検査者(臨床心理士、公認心理師等)の署名・捺印と、所持資格・実施機関名等の記載が必要になります。 実施機関の方針で、これらの記載ができない場合や、検査者の所持資格が不明な場合には、判定を承ることができませんので予めご了承ください。

※『メンサ入会のための知能検査』という検査を実施している機関があるようですが、当該機関はJAPAN MENSAが認可したものではありません。 当該機関の実施する検査がJAPAN MENSAの証明書入会判定の基準を満たさない場合、判定を承ることができませんのでご注意ください。 また、このことにより生じたトラブル等につきましても一切の責任を負いかねます。
2
Web申請

下記のページから、証明書入会判定のWeb申請を行なってください。
※先に当ページの説明をお読みください

証明書による入会判定申し込み

※JAPAN MENSAの入会判定が行えるのは、生涯で3回までとなっております。 証明書入会判定または弊会の入会テストで不合格となり、再度判定依頼を出す場合には、前回いずれの方法を使用したか、また今回いずれの方法を使用するかに拘わらず、1年の間隔を空けて申請する必要があります。

3
書類送付・判定料振込等

Web申請を行うと、書類送付や判定料振込の案内がメールで届きます。
メールに記載の内容に従って対応をお願いします。

証明書入会の判定料は、5,000円(税込)となります。
また、証明書の発行および申請書の郵送等にかかる費用は別途ご負担ください。

申請者が未成年の場合は、合わせて下記の書類もご提出いただいております。
未成年者の入会承諾書
機密保持の同意書(保護者・補助者用)

4
結果報告・入会手続き

合格・不合格いずれの場合も、書類送付から1ヶ月以内に結果をメールで報告します。
合格基準のお問い合わせには回答しておりませんのでご了承ください。

合格の場合は入会手続きを行います。
手続き方法は合格通知のメールに記載しますので、そちらの内容をご確認ください。

なお、JAPAN MENSAに入会するためには下記の会費等が必要となりますのでご準備願います。
・入会金 3,000円
・年会費 3,000円/年 (※最大5年分までまとめ払い可)
・会員証作成費 2,000円